忍者ブログ

宛名にあふれる涙

昨年の1月に従兄が亡くなりました。
私の妊娠中に脳腫瘍で倒れ、余命宣告も言われたけれど、
素晴らしい回復をみせ、元気な姿で再会していました。
ムスメのことを可愛いなぁと言ってくれました。
奇跡の回復で…てっきり…
てっきり、もう少し生きられるのだと思っていました。

従兄は、奥さんとありがとうと伝えあって自宅で最期を迎えました。

一年が経っても、寂しく悲しい気持ちが和らぐことはありません。
1年、2年と会わずに過ごしているのは平気なのに、
「この世にいない」という現実はとても寂しく涙があふれます。

ムスメの写真入り年賀状をちょうだいね!

と従兄の奥さんに言われていたので、
年明けからしばらくして…ハガキに印刷しました。
宛名を書き出したとき、
筆頭に書いていた従兄の名前。
筆頭には奥さんの名前を書くのだと気付き、
涙がボロボロ出て、拭いながらお嫁さんと娘二人の名を書きました。

奥さんや、幼い娘たちは、どれほど寂しく心細いだろうか。
伯母さん伯父さんは、どれほど悲しく悔しい思いだろうか。

今月、みんなに会うことになっています。
従兄の娘たちはとっても良い子で、ムスメにも優しくしてくれます。
良い時間を過ごせると良いな。

従兄も楽しく優しい人でした。

可愛い子どもと素敵な奥さんを残して先立つ辛さ…
でも、残された奥さんは娘二人を守らなきゃいけない強さと
子どもいる独特のワイワイした生活が助けてくれるのかもと思います。

身近な人も、自分自身も、
幼い子がいようと、どんなに必要とされようと、
命を取りとめたはずでも、
ある日急に心臓が止まることだって、
それに事故に合う可能性だって。

年齢を考えたら、
親との別れも、
自分自身のリスクも上がっているはず。

普通に生きて暮らせることを喜び、大事にしたいと思います。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
生きられることは幸せ。しかも健康で。

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

拍手[0回]

新年2018年も

2018年、平成だと…なんと30年だって。
時が過ぎるのは、本当に本当に早いです。
平成の始まりは小学6年でした。
年齢が上がり、子どもができて、更に早さは加速しています。

昨年11月末にディズニー両パーク年間パスポート(93,000円)を購入。
ムスメがディズニーに行きたいよーと言うので、
今まで考えたことも無かった年パスで、既に9回行きました。
年パス購入以前に一歳からランド2回シー1回。
1Dayが7,400円だから12回で元は取れるけれど、かなり大きな出費です。
それを買っちゃう私たち夫婦の感覚。
そんなところが楽しく…ダメなところだと…治りませんが知ってます。

新年は初詣より先にディズニーランド&シーとなりました。


ディズニーでも、行く毎に成長をみせるムスメ。
スティッチ エンカウンターで、最前列に座る子に次々名前を聞いていくのを
流れを止めることなく「◯◯ちゃんです!」と答えられました。
残念ながらスティッチは聞き取れず、もう一度聞かれ、
またタイミングが合わず名前は呼んではもらえなかったけれど…
ちゃんと名前を答えられたことにビックリ。
あんな状況での名前や質問に答えられるのは、
まだまだ先…1年も2年も先のことだと思っていました。

オット抜きで、ムスメとふたりでランドもシーも行っています。
ふたりだけでのデビューはシーでした。
特に困ることはなかったけれど、オムツ替えようと
トイレに誘ってもイヤの一点張り。
なかなか頑固な嫌がりようで…(~_~;)
やっと行けたときには、私が漏らしそうでした。。
それも、そのときが最後で今は嫌がったとしても、
ミッキーさんの声真似で
「お尻を替えない子はディズニーランドに入れないよ」
とか誘いかたの工夫やハイテンションなオファーで
行ってくれるようになっています。

ディズニーを一緒に楽しめるようになったムスメ。
2018年も、すごい成長を見せてくれるのだろうな~
しっかり見守り、楽しみ、家族みんなで幸せな一年にしたいと思います。

それから…
2018年も更新はゆっくりのままかもしれませんが、
ブログは続けていきたいと思っています。
もう少し書き残したいです。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
今年もよろしくお願いしますヾ(´ー`)ノ

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

拍手[1回]

他人の感覚

親子のあそび教室的なところへ赤ちゃんの頃から通っています。
赤ちゃん、よちよち、あんよ、2歳前後と成長で通う教室は変わりながら、
ムスメの成長を感じ、母子仲良く遊べる楽しい場所です。
それが先日最終日でした。

その最終日も、いつもどおり楽しく参加。
でも、中盤…ムスメが肘を脱臼し、救急車で大きな病院へ。
レントゲンの指示が出て、、
泣き叫びながら一時間がかりで、何とか2枚を撮影しました。

おかあさーん! たすけてー いやだー

終始、全力拒否 全力抵抗。
必死に訴え、泣いて、
抱き付いて離れないようにギューとしがみつくムスメ。
撮影をやめてもらうことも、落ち着かせてあげることもできず、無力な私…。
ムスメが可哀想でたまりませんでした。

レントゲンが終わると、少し落ち着きを取り戻したけれど
もう…病院が嫌で、待合室から出て行きたい!と訴え続けます。

そこで、 …腕が動いてる と気づきました。

動かすと痛がっていた腕…
そういえば、レントゲンのとき抱っこしてーと腕を上げてたな。
痛さより、必死の抵抗が勝って自力で入れたんだろうな。

それだけ嫌なことに耐えさせたわけで…ごめんねと思っていると、
診察に呼ばれ、ちゃんと入ってるか確認して、終了でした。
脱臼から病院終了までに三時間近く経過。

前に外れたときにも医師に言われたとおり、
大人になって脱臼しやすいとかはないようで、
それは良かったけれど、
痛がる姿、レントゲンの嫌がりようが脳裏に焼き付いています。
本当に可哀想で辛い経験だったと思います。

ムスメの脱臼は、お友達ママがつないでいた手。

ムスメにも優しく仲良くしてくれる人で、悪気はあるわけない。
たまたま、ひねってしまっただけなので、
当時、私は微塵も嫌な気持ち無し。
レントゲン後に軽めの心配LINEがきていたので、終わり次第返事。
更に軽~いLINE返事がきて…、
可哀想だったムスメが、もっと不憫に思えてきて、
対応ってそれで良いの?ほんとに?と不信感が芽生えました。

小さな子がめちゃくちゃ痛い思いをすることになり、
救急車に乗せられ、レントゲンを取られ、(+初レントゲンの被爆)
ムスメにとって、痛みと不安や怖さしかない体験だったことを思うと…。

他人の感覚は、わからない。

これからも<ムスメがいるから>の出会いや付き合いで、
この他人の感覚に悩まされるのかと思うと、嫌だなという思いと同時に、怖さも。

その日から数日、LINEがくるかも?と心の片隅にあったけれど、
結局、くることはありませんでした。

こどものことは、「何より大事。しっかり守りたい。」けれど…
それは、難しくなって行くのかな。
行動範囲や関わる人間が増えれば、それは当たり前?

肘の脱臼、救急車、レントゲン、自力で入れたこと、
どの出来事より、他人の感覚の違い、理解できない感覚が悲しい。
軽いLINEのことばでムスメの一連の痛みを済まされたことがどうしても悲しく、
可哀想だったムスメを思い出す人になってしまいました。
最後の教室がこんな思い出になるとは…それも悲しいです。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
これがママ友の悩みなのかな。

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

拍手[0回]

ティッシュペーパー

10月25日
テーブルの上にあるティッシュペーパーの箱を見ながら、
何か言いたげ…、何かしたそう…。
欲しいのかな?と「1枚だよ」と言いました。

1枚取って、お口のまわりを拭いた!

゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

そんなこと出来ちゃうのー!?

2歳… 前より「はじめて」を見ることは減ってきました。
自分でやってと言われずにした「はじめて」に、すごい感動。
そして、えらくなったなぁと感心しました。

*

今日10月27日
転んで膝を擦りむき、痛いようでずっと気にしていました。
外出中だったので、よく見ずにいたけれど、見たら痛そうで…
「痛いの?」→いたい…
「ごめんね大丈夫?血が出てたね」→だいじょうぶ
そんなやりとりが終わると、
またテーブルにあるティッシュに背伸びをして手を伸ばし…

膝をフキフキ。


゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

膝も拭けちゃうんだ!!

また感動。
どんどん成長していくムスメです。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
ティッシュペーパーは1枚ずつ使うことにも感心します。

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

拍手[2回]

むかーし むかし

「むかーしむかし、あうとこおに…」
膝の上に車のパンフレットを広げて、
抑揚もつけ読んでるように言うのでビックリ。

絵本や幼児雑誌は、内容を覚えて言ってたけれど、
え!なに?なに?
「むかーしむかし」って、どこで覚えたのー!?Σ(・ω・ノ)ノ

私は昔話を読んでいないし、
テレビで見たのかな?と考えてみたけど、思い付かず。
オットにも聞いたけど、教えてない。読んでない。と。

まぁ、たぶん、テレビで見たのだと思うけど、
絶対に、何度も見た訳じゃないし、この数日見た訳でもない。

いつ何を記憶していて、何のタイミングでアウトプットするのか?
ムスメの頭のなかは、おもしろそうだな。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
何を見ていてどれだけ覚えているのか…。
これくらいならの行動とか、言葉遣いとかーー怖いかも。

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

拍手[1回]

   ご訪問ありがとうございます!


* good memories of the travel*
いつか、子どもを連れて海外旅行!

    ランキングに参加しています。
 にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ  にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
 にほんブログ村 子育てブログへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    ぽちりと 応援してください!

Profile

HN: miku*
旅行・食べること・写真が好きです。
優しいオットと仲良く2人暮らし。
2011.5月からクリニックに通いタイミング、AIH、IVFへとステップアップ。2014.10月に10週で3回目の稽留流産を経験しました。辛いことも多いけれど、
我が子にいつか必ず会えると信じています。
2015.2.26心拍確認、予定日は10月22日。
・Jour en bonheur・
フランス語で幸せな1日という意味です。

   


ベビ待ち3年と10ヶ月で再び赤ちゃんが!
2015.2.26心拍確認、妊娠継続中です

Calendar

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

New Entries

(01/16)
(01/06)
(11/25)
(10/27)
(10/16)

Archives

Search this site

Log

  2015.3.25クリニック卒業
  2015.2.26心拍確認6週
  2015.2.23胎のう確認
39 2015.1.16(体外移植)6
38 2014.12.11(自己)
  2014.10 10週で稽留流産
  2014.10.14クリニック卒業
  2014.9.30心拍確認7週
  2014.9.14胎のう確認
37 2014.8.12(自己)休診
36 2014.7.13(体外移植)キャンセル
35 2014.6.10(体外採卵)5
34 2014.5.14(体外移植)5
33 2014.4.10(体外採卵)4未回収
32 2014.3.11(体外移植)4
31 2014.2.7(体外移植)3
30 2014.1.6(体外採卵)3
29 2013.12.6(AIH)7
28 2013.11.1(体外移植)2
27 2013.9.29(自己)
26 2013.8.26(体外採卵)2
25 2013.7.24(タイミング・調整)11
  2013.7.20 HCG15.51
24 2013.6.22(体外移植)1
23 2013.5.19(体外採卵)1
22 2013.4.23(調整期間)
21 2013.3.14(タイミング)10
20 2013.2.9(タイミング)9
19 2013.1.10(卵管内)6
18 2012.12.10(AIH)5
17 2012.11.11(タイミング)8
  2012.10 7週で稽留流産
  2012.9.24胎のう確認
16 2012.8.19(AIH)4
15 2012.7.19(卵管内)3
14 2012.6.16(AIH)2
13 2012.5.16(初AIH)1
12 2012.4.16(タイミング)8
11 2012. 3.17(タイミング)7
10 2012. 2. 8(自己)
 9 2012. 1. 6(自己)
 8 2011.12. 7(自己)
 7 2011.11. 7(タイミング)6
 6 2011.10. 6(タイミング)5
 5 2011. 8.29(タイミング)4
 4 2011. 7.30(タイミング)3
 3 2011. 7. 1(タイミング)2
 2 2011. 5.30(タイミング)1
 1 2011. 4.25(自己)

Counter



Mobile

RSS




  


PR